正しく飲んで薄毛脱却!フィンペシアの服用方法

フィンペシアは薄毛や抜け毛に効果があり、低価格で購入できるため、AGA治療中の男性にとても人気があります。

しかし、正しい飲み方を心がけなければ効果を発揮する事はできません。AGA治療長期間に及ぶ事が多いので、間違えた飲み方は時間のロスとなります。

フィンペシアの効果を実感するために、正しい服用方法を押さえておきましょう。

フィンペシアの正しい服用方法

薬を飲もうとしている男性

フィンペシアは1日1錠を水かぬるま湯で服用します。

1日の最大摂取量は1mgで、それを超えての摂取は危険ですのでやめましょう。

フィンペシアには1錠1mgの錠剤しか存在しませんが、同じ有効成分である国内流通のプロペシアは1錠0.2mgと1mgの2種類があります。

臨床試験結果では0.2mgと1mgの効果の差として、さほど違いはないという事が分かっています。

ピルカッターで半分に!

ピルカッターで錠剤カット

フィンペシアは1錠1mgですので、ピルカッターで半分にカットし0.5mgを1錠として服用しても良いでしょう。

カットする事でより経済的ですし、副作用等のリスクも軽減できます。

少しでも効果を上げたい人はきっちり1mgを服用してもいいですね。

服用するタイミングに気をつけよう

1日1錠を摂取しますが、服用のタイミングも気をつけましょう。

基本的に1日のうちのどの時間帯に飲んでも問題はありませんが、ベストは成分のフィナステリドが体内に一定にあり続けることです。

服用の間隔を24時間にキープすることで、体内のフィナステリドを一定に保つ事ができます。

朝、昼、晩のうち、1番飲み忘れる事がない時間帯で摂取するのが好ましいでしょう。

飲み合わせが悪いもの


フィンペシアと飲み合わせの悪いものはアルコール、グレープフルーツの成分です。

成分のフィナステリドは肝臓で分解されるため、アルコールと同時に摂取してしまうと肝臓に大きな負担をかけてしまう事になります。

基本的に飲酒は控えた方がベター。薬を服用する前後で飲酒する事は避け、もしアルコールを摂取してしまった場合は、アルコールが体内から抜けた後に薬を服用するようにしましょう。

またグレープフルーツの成分はフィナステリドの副作用のリスクを高めてしまう可能性があります。薬を服用している間はグレープフルーツを食べ無い、グレープフルーツが入っている製品を摂取しないように心掛けてください。

フィンペシアの服用は以上の事に気をつけ、摂取してください。

正しく服用して、薄毛や抜け毛を改善していきましょう。

Posted by MINAGAWA


PAGE TOP